冷凍車の製造|ソリューション|サーモキング

サーモキングは、冷凍車の製造を支援

冷凍車とは、冷凍した品物を輸送するため、冷凍機を搭載した断熱構造の荷台をトレーラーやトラックに架装した車両のことです。ちょうどトラックに冷蔵庫を搭載したイメージです。

しかし、輸送用冷凍機には、商品自体を冷やす・凍結するだけの能力はありません。あるがままの温度をその温度で運ぶのが基本となります。そのため、定温輸送と呼ばれます。

積荷の温度帯による分類

冷凍仕様
(フローズン帯)

-18℃以下

 

中温仕様
(チルド帯)

-5℃以上

 

緩温仕様
(クール帯)

+7℃~+8℃以上

 

冷凍機の動力源からの分類

Banner_page_truck_self

冷凍機本体のエンジンを動力源とする

冷凍機本体に専用エンジンを搭載し冷凍機を
稼働するユニットです。
トラックの走行状態に左右されないため一定
の温度管理が可能です。

さらに車両別に2タイプに分類されます。

 

Banner_page_truck

車両のエンジンを動力源とする

トラックのエンジン動力を利用して冷凍機を稼働するユニットです。直結方式とも言われます。
サブエンジン型に比べて冷凍機重量が軽量です。

さらに形状により2タイプに分類されます。

 

トラックへのユニット取付位置による分類

file

コンデンサをトラックのキャビン上部に架装

ノーズマウントタイプの特徴

  • 架装時間・コストを削減
  • シャーシの架装スペースに左右されず取り付け可能
  • 融雪剤の影響や事故等の損傷を回避
file

コンデンサをトラックのタイヤの間に架装

アンダーマウントタイプの特徴

  • コンデンサ/エバポレータ セパレートタイプ
  • キャビン上部にスペースがない場合に
  • 架装位置の自由度

 

冷凍車を製造する際の注意点

冷凍車を製造する場合には、冷凍機の動力源や形状以外に、商品配送の温度帯、量、配送パターン、時間等を考慮する必要があります。

どのようなタイプの冷凍機を架装して製造するのが適切かは、サーモキング営業部 までお問い合わせください。

また、冷凍機の選択に最も重要なのはボディーの仕様です。ボディーの構造、容積、断熱材の厚さ、ドアの大きさ・枚数等が冷凍機の性能に重大な影響を及ぼします。

これらに関しては直接ボディーメーカー様へご確認ください。

 

> 冷凍車の製造           > 積載効率の向上           > 燃費向上          > CO2排出量削減  

> 商品温度管理の徹底    > 商品の最適輸送温度      > 採用事例          > ソリューション トップ

 

サーモキングは、冷凍車を製造する際に架装する冷凍ユニットにおいて全世界で高いシェアを誇るブランドです。
さらに、世界に約800社、日本国内約200社のサーモキングネットワークによる強固なサポート体制を展開しています。冷凍車製造に関するご用命は下記までお問い合わせください。

製品のご購入   サーモキング ディーラー
修理・サービス  サーモキング 指定サービス店

電話でのお問い合わせ


製品のご購入

[本社 営業部]

Tel. 03-6910-6604

サーモキングディーラー

サーモキング 営業拠点


緊急修理受付窓口

[24時間コールセンター]

Tel. 03-3273-7744

サーモキング指定サービス店

サーモキング サービス拠点